妊娠中にvio脱毛が断られる理由

サロンで脱毛を断られるケースというのはまれにあります。生理中であったり、未成年であったり、肌に疾患が見られる場合などは大事をとって見送るように説明を受けます。特に妊娠中は全期間にわたってvioに関わらず脱毛はできないと思っていたほうがよいでしょう。

妊娠中に脱毛ができない理由はいくつかありますが、最も大きなものは普段よりもいろいろなことに対して敏感に反応する可能性があるためです。妊娠すると、普段使っていた化粧品や薬、食べ物などあらゆるものに対して普段と違う反応が出ます。

サロンでは保湿剤などのケア用品はもちろん、脱毛器具の影響なども危惧しなければいけません。そのようなリスクを冒すことはサロンにも妊婦自体にもよくありません。また、ホルモンの影響で毛深くなる人や毛が抜ける女性も多くいます。

そういった乱れた育毛サイクルの中ではいくら脱毛をしたとしても、期待する結果が出ないことがあります。また、vioは腹部に近く、性器の周りに対して行う施術です。

ただでさえデリケートな部分はさらに敏感になっています。危険な器具などは使ってはいないとはいえ、胎児に影響がないとは言い切れません。妊婦さんも体調の変化が激しく、気持ちも不安定になりがちです。

妊娠中は赤ちゃんのことを第一に考え、vioのケアは産後落ち着いてから改めて考えるようにしてみてはいかがでしょうか。また妊娠が発覚した時にサロンに通っていた場合も、一時通うのをお休みするなどの方針をサロンに申し出るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする